金丸建築設計事務所

金丸建築設計事務所

環境問題への
取り組み

カーボンニュートラルの取り組みとして、2050年までにCO2排出50%をめざすと発表されました。それに伴い当社では省エネルギーに対応した建物をZEB化・ZEH化をめざし設計します。

ZEBとは、先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制や、パッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物のことです。

一般社団法人
環境共創イニシアチブ(SII)の
ZEBプランナーに登録しました。

当社では、2025年度までに自社が受注した建築物のうち、ZEBが占める割合を50%以上を目指します。


Pagetop